電子リソースデータ共有サービス

「図書館システム・ネットワーク」の「電子リソースデータ共有サービス」は、日本で刊行された電子リソースのデータ共有サービスであるERDB-JPに加え、「JUSTICE提案書関連情報のデータ共有」を提供します。

各サービス詳細は以下リンクよりご覧ください。

また、本サービスはみなさまからのフィードバックをお待ちしています。
詳細は以下バナーよりご覧ください。

 

 

■提供スケジュールの変更について

2021年6月17日(木)のニュースリリース以降、運用方針の調整・見直しを行い、提供時期を以下の通り変更します。

  1. ライセンス(JUSTICE)(API提供)
    [提供時期] 2022年6月開始予定から同年12月開始予定に変更
  2. タイトルリスト(JUSTICE)(API提供等)
    [提供時期] 交渉次第順次提供予定
    現在、運用に向けて関係組織と調整しています。

ERDB-JP

日本で刊行された電子リソースのデータ共有サービスです。
CC0 1.0 Universalによるオープンなデータを,大学・出版社・ナレッジベースベンダーが協力して作成しています。

ライセンス(JUSTICE) #テスト公開#

国内外の出版社・学会等から大学図書館コンソーシアム連合(JUSTICE)に提出された提案書のうち、公開可能なライセンスに関するデータの共有サービスです。[JUSTICE会員館限定]

 
(外部サイトへ移動します)

電子リソースデータ共有サービス対応メーカー一覧

電子リソースデータ共有サービス対応メーカー一覧を掲載しています。