新NACSIS-CAT/ILL

概要

「共同利用システム (*)」の「新NACSIS-CAT/ILLシステム (*)」は、現行の「NACSIS-CAT/ILL」の主に印刷体を対象とした総合目録データベースの形成と図書館間相互利用をサポートし、2023年の稼働開始を目指します。

「新NACSIS-CAT/ILL」の基盤システムは、アメリカを本拠地とするOCLCのCBS(Controlled Bibliographic Service)を利用します。CBSは地域および国レベルの総合目録のために設計されたシステムで、イギリスを始め、オランダ、ドイツ、フランスなどのヨーロッパ諸国、さらにオーストラリアですでに導入されています。日本での今回の実装では各図書館とは従来の形式(CATP)で動作する一方で、システム内部で管理されるメタデータは国際目録形式であるMARC21にも準拠しているため、国際的に流通するメタデータとの相互のデータ交換が容易になります。また、図書館間相互貸借(ILL)サービスは株式会社シー・エム・エスが構築し、CBSとのシームレスな連携を行います。

「新NACSIS-CAT/ILL」によって、メタデータの高度化に向けて、RDA(Resource Description and Access)、日本目録規則 2018 年版のほか、米国議会図書館が主導する新たなメタデータスキーマであるBIBFRAME等の新たな国際標準への対応が可能となります。

一方で、現在のNACSIS-CAT/ILLの機能は当面維持し、参加する約1,300機関が利用する図書館システムとの接続の継続性を確保します。

スケジュール

運用開始までのスケジュール(予定)は図のとおりです。

新NACSIS-CAT/ILL導入スケジュール

クライアント作成のための技術資料

NACSIS-CAT/ILL クライアントのためのガイドライン案

「新NACSIS-CAT/ILL」で変更点が見込まれる点につきましてお知らせしています。

参加館テスト

2022年8月29日(月)から、新NACSIS-CAT/ILL参加館テスト用環境の運用を開始します。

参加館テストは、2022年10月31日(月)に終了しました。ご協力をいただき、誠にありがとうございました。


詳細は以下リンクよりご覧ください。

CAT/ILLリプレイス&電子リソースデータ共有サービス説明会

10月27日(木)、11月16日(水)に、「CAT/ILLリプレイス&電子リソースデータ共有サービス説明会」を開催します。
詳細は以下リンクよりご覧ください。

NACSIS-CAT/ILLシステム停止期間

2023年1月より、新NACSIS-CAT/ILLのデータ移行作業を行います。

移行によるシステム停止期間の詳細は以下リンクよりご覧ください。

 

SRUゲートウェイサーバテスト

国立情報学研究所は、2002年3月からZ39.50ゲートウェイサーバを提供してきました。 このZ39.50 ゲートウェイサーバの運用を2022年12月31日で停止し、2023年1月31日よりその後継規格となる、Search/Retrieval via URL(SRU)サーバを提供します。

2022年10月31日(月)よりSRUゲートウェイサーバ機能のベンダー・参加館テストを開始します。

詳細は以下のリンクよりご覧ください。

新NACSIS-CAT Z39.50クライアント機能

「新NACSIS-CAT/ILL」で新たに追加される新NACSIS-CAT Z39.50クライアント機能のソースである、K10plusとSudocのガイドライン案を公開しました。

ガイドライン案は、2023年1月末時点での公開を想定し、公開時の時制となっています。

詳細は以下のリンクよりご覧ください。


* なお、本ページで用いるサービス名称の一部は、2021年11月現在、仮称となっております。正式名称が決まり次第順次お知らせしてまいります。