ILL料金相殺情報

ニュース

  • 第4四半期の料金相殺結果通知書を公開しました。 (2024/04/01)
    紙版の通知書をご希望の機関へは、4月2日に郵送します。

    Q & A もご参照ください。
    4.相殺結果通知書と支払いについて

    【お願い】
    最近、「支払通知」によるNIIへの誤入金が増えております。
    相殺結果通知書には3種類ございますので、下記をご確認いただき、誤ってNIIへお振込みされませんようご注意ください。
    • 請求通知:請求額につきまして、4月30日までに、NIIへお振込みください。
    • 支払通知:支払額につきまして、5月10日に、NIIよりお支払いいたします。
    • 繰越通知:支払額が規定の金額に満たないため、次期に繰り越しいたします。

    現在、在宅勤務を含む業務体制のため、お問い合わせはメールでお寄せください。
    宛先:NACSIS-ILL担当
    E-mail:illadm@nii.ac.jp

 

 

 

ico_arrow.gif

一覧はサイドメニューから

 

概要

国立情報学研究所(NII)では、平成16年4月からILLシステムを活用して文献複写、現物貸借に関する料金の相殺サービスを新たに開始いたしました。
平成16年4月からの国立大学の国立大学法人への移行に伴ない、会計処理は、これまでの国の会計規則ではなく、「国立大学法人会計基準」に則ることとなり、会計処理の規制が大幅に緩和されることになります。
今までは、同じ予算の仕組みであった国立大学間のみで複写料金の相殺処理が行われてきましたが、ILL文献複写等料金相殺サービスでは、国立、公立及び私立大学等の全てのNACSIS-ILLシステム参加館の加入を可能とします。
ILL文献複写等料金相殺サービスは、この機会を最大限に活用し、教育研究の推進のための図書館サービスの高度化、事務処理の効率化・合理化を進めるとともに経費節減を目指しています。

概要図(632.68 KB)

 

利用申請

 

運営費について

  • 運営費は毎年第1四半期に支払いが発生します。年度途中参加の際には最初の期に、以後毎年第1四半期に運営費を加算します。

   参考:Q & A 4.14 運営費の徴収について

  • 2024年度の運営費は、6,600円(税込)となります。

 

相殺結果通知書について

  • 相殺結果通知書には、以下の3種類があります。
    • 請求通知:請求額について、納入期限内に、NIIへお振込みください。
    • 支払通知:支払額について、NIIよりお支払いいたします。
    • 繰越通知:支払額が規定の金額に満たないため、次期に繰り越しいたします。
  • 電子版移行と取得方法について
    令和2年度第3四半期より、電子版での提供を基本とし、希望機関にのみ紙版での通知を行います。
    ””
    変更後の運用方法
     
    • ①料金相殺結果通知書を取得できるようになり次第、NII が参加館情報管理システムに登録された「連絡責任者」と「経理責任者」のメールアドレス宛に連絡
    • ②各機関が「参加館情報管理システム」にサインイン
    • ③PDF 版を取得
    • ④(経理責任者がサインインできない場合は)連絡責任者が取得して引き渡す

    詳細は「料金相殺結果通知書(PDF 版)の取得手順」からご確認ください。

 

利用機関一覧

 

個別データダウンロード

 

残高確認書出力依頼

対象レコードについて

月末・四半期相殺処理

 

Q & A

 

説明資料

平成15年9月30日(東京会場)から10月10日(北海道会場)開催の「国立情報学研究所図書館等関連事業説明会 ~ NII Library Week 2003 ~」での資料一式です。

  • ILL文献複写等料金相殺サービスの概要(114.18 KB)
    ※「運営費は10,000 円/年」とありますが、平成17年度より運営費を改定し、現在は6,600円(税込)/年です(「国立情報学研究所ILL文献複写等料金相殺サービスの運用に関する内規 第4条」)。

 

提供データフォーマット

Last updated
2024-04-03