cm_apply
目録システム書誌作成研修

令和3年度カリキュラム及び講義資料/成果物

カリキュラム

時間 内容 講師等
9/7(火) 10:00-10:30(30分)

● 開講式、研修主旨、各種連絡事項等
● 講師・ファシリテーター紹介
● 参加者自己紹介(一人1分)

 
10:30-11:30(60分) ● 講義「CAT2020の運用開始から1年が経過して」 講師:岡田 智佳子(大学図書館支援機構)
11:30-12:00(30分) ● 事前課題解説 講師:中村 健(大阪市立大学)
13:00-13:30(30分)

● グループ演習オリエンテーション
 モデレーターによる進行の説明
 グループ編成、使用可能なツール等について
 各課題のポイント(出題意図)説明等

モデレーター:村上 遥(国立情報学研究所)
13:30-15:00(90分) ● グループ演習
 グループに分かれての最初の15分:各グループにて自己紹介、役割分担(司会・記録・タイムキーパー・発表者)決定等
 以後:ディスカッションを行い、グループとしての解答例をその根拠を示しWordで作成する。その際、複数の解答が考えられる場合も根拠を示し解凍する。
 作成の際に根拠となるツールなどを別紙に記入する。
モデレーター:村上 遥
ファシリテーター:
 布野 真秀(東京外国語大学)
 松前 隆志(福岡教育大学)
 羽賀 真記子 (九州大学)
 中村 健
 矢崎 美香(九州女子大学)
15:15-16:00(45分) ● グループ演習
 ディスカッションを行い、グループとしての解答例をその根拠を示しWordで作成する。その際、複数の解答が考えられる場合も根拠を示し解答する。
 作成の際に根拠となるツールなどを別紙に記入する。
16:00-17:00(60分) ● 情報交換会  
9/14(火) 10:00-11:00(60分) ● 講義「新しい日本目録規則2018年版」 講師:安食 優子(東京大学)
11:00-12:00(60分) ● グループ演習
 ディスカッションを行い、グループとしての解答例をその根拠を示しWordで作成する。その際、複数の解答が考えられる場合も根拠を示し解答する。
 作成の際に根拠となるツールなどを別紙に記入する。
 発表準備
モデレーター:村上 遥
ファシリテーター:
 布野 真秀
 松前 隆志
 羽賀 真記子
 中村 健
 矢崎 美香
13:00-14:00(60分) 発表準備  
14:15-15:30(75分) ● グループ発表
 課題ごとに全班で発表、その後まとめて質疑応答(全体討議)
モデレーター:村上 遥
15:45-16:50(65分) ● グループ発表
 課題ごとに全班で発表、その後まとめて質疑応答(全体討議)
16:50-17:00(10分) ● 閉講式      

 【グループ演習課題作成協力者】広島市立大学 長谷川 実帆


講義資料(2.88 MB)

 「CAT2020の運用開始から1年が経過して」岡田智佳子(NPO法人大学図書館支援機構)

Creative Commons : 表示

 

講義資料(1.19 MB)

「新しい日本目録規則 2018年版」安食優子(東京大学大学院人文社会系研究科・文学部図書チーム)

Creative Commons : 表示 ₋ 非営利 ₋ 継承