図書館総合展2021

「これからの学術情報コミュニティ ~ワークショップ『みんなで考えよう!これからのリソースシェアリング』~」への参加のご案内

図書館総合展2021では、これからの学術情報システム構築検討委員会(これから委員会)で提案する「コミュニティ」ではどんな活動がなされるのか、イメージしやすくなるようなワークショップを行います。
ワークショップでは、「ILL」を切り口としたディスカッションを行い、現状の機能への不満や実現したい機能、今後のシステムへの期待などを、日々業務に携わる図書館員としての視点でざっくばらんに話し合います。

  • ワークショップへの応募〆切:2021年10月22日(金)
    ※応募の受付は終了いたしました。多数のご応募をいただき、ありがとうございました。
  • 開催日時:2021年11月10日(水)15:10~16:50(フォーラム全体は14:00~17:00)
ワークショップ概要のイメージ

プログラム

フォーラム全体の詳細、または視聴のみのご参加は、NII 図書館総合展ページからご確認ください。

※11月1日 プログラムを一部変更いたしました。

14:00~14:10 これからの学術情報システム構築検討委員会の検討の概要(仮) 小山憲司(中央大学文学部、これからの学術情報システム構築検討委員会委員長)
14:10~14:20 国立情報学研究所の方針の概要 片岡真(国立情報学研究所)
14:20~14:35 システムモデル検討作業部会の検討の概要(仮) 相原雪乃(名古屋大学附属図書館、システムモデル検討作業部会主査)
14:35~14:55 システムワークフロー検討作業部会の検討の概要(仮) 飯野勝則(佛教大学図書館、システムワークフロー検討作業部会主査)
14:55~15:00 質疑応答  
 

休憩

 
15:10~16:50 ワークショップ
「みんなで考えよう!これからのリソースシェアリング」
講演者
一般参加者(公募)
16:50~17:00 開会挨拶 吉田幸苗(国立情報学研究所学術基盤推進部)


 

応募方法

応募〆切:2021年10月22日(金)

応募フォームからご応募ください。

※応募の受付は終了いたしました。多数のご応募をいただき、ありがとうございました。

なお、ワークショップへ応募される方も、別途 NII 図書館総合展ページからフォーラム全体の視聴をお申込みください。

概要

  • ワークショップでは「コミュニティ」ではどんな活動がなされるのか、イメージしやすくなるように、「ILL」を切り口としたディスカッションをオンライン上で行います。
  • 2021年10月現在NACSIS-CAT/ILL参加館にご所属の方(常勤・非常勤は問いません)がご応募できます。
  • ディスカッションのテーマ
    ディスカッションでは、これからのリソースシェアリング(ILL等)に関する、以下のテーマについてディスカッションします。
    ご応募の際に、一番関心の高いものをお知らせください。
    • 国際的なILLを進めたい
    • 電子のILLをやりたい
    • 著作権法改正でどうなるのかなあ
    • Peer to PeerのILL* をやってみたい
    • コンソーシアムを組んでILLをしたい
    • シェアードプリントに取り組んでみたい
    • その他
  • テーマに興味があれば、ILL担当者でなくても参加できます。
  • ディスカッションは、図書館総合展のフォーラムの一部としてYouTube Liveで配信するほか、後日録画を一般公開します。
  • カメラOFF・匿名でご参加いただけます。(応募の際は氏名とご所属が必要です)
  • ワークショップ参加者への依頼状等はお出ししませんので、ご了承ください。
  • 申込状況によっては、参加者を選考させていただきます。

* 「Peer to PeerのILL」は、CiNiiなどで見つけた資料を、NACSIS-ILLのような仲介システムを通さず、ダイレクトに所蔵館に依頼するILLです。